あのくたらさんみゃくさんぼだい!


あのくたらさんみゃくさんぼだい

聞くことから始まる一生。
「オギャー」と泣いて第一声。そのあとは無我夢中。
気がつけば、みんな、今。
いろんな人のいろんな話。聞いてみませんか。
そして、あなたも語りませんか!


堀尾清一 編
定価1,000円(税込)


お求めは、一陽舎のホームページからどうぞ。




目次
お釈迦さまからのメッセージ 9
 
第一章 夫婦 … 妻の場合 13
まなざし 14
休日。 21
会話がなくても困らん? 25
「俺、さびしいんだよ」 29
ゴールを見つめて再出発。 33
「どうしたんだべ?」 37
「ちょっと聞いてもらえる?」 39
カツオのお刺身。 43
家族みんなで、それぞれ自立。 47
“夫を変えよう”は間違いだった。 51


第二章 夫婦 … 夫の場合 57
夫婦 58
父の日。 61
57歳、最後の日に。 65
胸の中がスッとした。 69
それ行け、妻よ! 71
「パパ、ママ、けんかをしないでください」 75
俺がやればいいんや。 79
やっと“夫婦の会話”ができた! 81
畑仕事で仲良く。 85


第三章 親子 … 親の場合 89
自由   90
「今日はどうなら?」 93
「休むか」って、休ませました。 97
宝物。 101
「どちらの出身?」 105
おにぎりが食べたい日。 109
親からもらった“こころ”と“体”で。 111


第四章 親子 … 子の場合 115
自分 116
オヤジを許す。 119
「大好きなお母さんへ」 123
“いい子”から卒業して。 127
できなかったケンカをしながら。 131


第五章 震災 … 135
いのち   136
家族と話ができる安心。 139
確実な明日はない! 143
“そうだ、誰かに会いに行こう” 147


第六章 自分と向き合う … 151
出発 152
朝ごはん。 157
グチも悩みもぶっちゃけて…。 161
進化する私。 167
オレもやるぞ! 171
波紋。 175
イジワルな人とステキな人。 177
妻と子と三人で寝る“しあわせ”。 181
“悩む”から“考える”へ。 185
ほんま、しょうもないプライド! 189
今の自分が好き。 195


あとがき … 198

日本仏教の流れと在家仏教こころの会 … 204


お求めは、一陽舎のホームページからどうぞ。