新型コロナウイルス禍の中で
みなさんへ
画像をクリックすると動画が観られます。
 新型コロナウイルス感染症について、いまだ終息宣言は出されていません。
 私たち在家仏教こころの会では8月いっぱいまで、当面の行事・会合等を中止といたしました。
 会員の皆さんにおきましては、人と会ったり、つどいをしたりということが出来ない現状です。このような状況の中で皆さんはどのように過ごされているのでしょうか。

 現在、私は夫婦で二人暮らしです。孫と接するのが私にとっての唯一の楽しみと癒しなのですが、この状況の中、会いにいくことはできません。そうしましたら、最近はTV電話で孫たちと会話ができるようになってきました。また、LINEで動画がたくさん送られてくるようになりました。こんなコミュニケーションを取る方法もあるんだと、結構私たち年寄り夫婦にはいい刺激を与えてくれます。

 あと、私は糖尿病の持病をかかえているため、この新型コロナウイルスに感染した場合は重症化のリスクがあるということで、家族や皆さんからも心配していただいております。そして、志村けんさんのニュースをみてから、私も遅まきながら禁煙にしました。健康のこともいっそう考えるようになり、夫婦で朝と夜にラジオ体操をはじめました。こういうことをきっかけに、落ち込むのではなく、健康については前向きに考えるようになってきました。
 仕事についても、私も自営業なのでめっきり減ってしまい、なかなかたいへんです。でも、飲食店やホテル関係の方など、困っているところがほかにもたくさんあります。
 また、新型コロナウイルス感染症の治療に当たる医師や看護師など医療従事者の皆さんは、自らや家族の感染リスクを防ぎながら、大きなプレッシャーの中で皆さんの大切な命を救うために、献身的に頑張って下さっています。本当にありがとうございます。
 皆さんもお身体を大切にしてください。新型コロナウイルス感染症の一日も早い収束を願っております。

 蛇足ですが、先ほど孫とテレビ電話で話していると言いましたが、会員がスマホやコンピュータを使ったつどいをしている様子が、フェイスブックに載っています。是非ご覧になって参考にしてください。そういうのは苦手だという方も、諦めずにお子さんや、お孫さんに聞いて、挑戦してみてください。


令和二年五月十一日
在家仏教こころの会
会長山口信廣